赤ニキビは色素沈着・デコボコのニキビ跡の原因になる

赤ニキビは色素沈着・デコボコのニキビ跡の原因になる

赤ニキビは色素沈着・デコボコのニキビ跡の原因になる

赤ニキビはアクネ菌が繁殖して炎症を起こしている状態です。早く治さないと炎症の刺激で色素沈着やデコボコなどのニキビ跡になってしまいます。正しい治療をして早めに赤ニキビを治しましょう。

 

赤ニキビの原因

 

ニキビは毛穴に皮脂がたまってできます。皮脂がたまる原因には、過剰な皮脂分泌や角質がたまって毛穴の出口がふさがれるなどがあります。

 

アクネ菌は皮脂が大好物です。毛穴にたまった皮脂をもとにして繁殖して炎症物質を作り出します。炎症がコラーゲンの委縮や癒着を起こしてデコボコになったり、刺激から守るためにメラニンが生成されて色素沈着を起こします。

 

炎症を鎮める

 

まず大切なのが炎症を鎮めることです。皮膚科では抗生物質の内服薬や外用薬で炎症を鎮めます。

 

ニキビには比較的長期間の服用が必要なので、副作用が少ない内服薬が処方されます。ルリッド、クラリスなどが処方されることがあります。外用薬にはアクアチムクリーム、ダラシンローションなどがあります。医師や薬剤師の指示に従って使用量や使用回数を守って使用してください。

 

ビタミンC誘導体

 

皮脂の分泌を抑えることも大切です。皮脂を抑えないとアクネ菌のエサになるものがあって、抗生物質を使用してもアクネ菌の繁殖を抑えることが難しいです。

 

ビタミンC誘導体には皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。抗酸化作用があり皮脂の酸化を抑制してもくれます。皮脂の酸化を抑制することで、酸化した皮脂による炎症を予防できます。
ビタミンC誘導体を配合した化粧品を使用したり皮膚科でビタミンC誘導体を処方してもらえます。

 

刺激があるので敏感肌の方はヒリヒリなどを感じることがあるので、配合量に気をつけてください。ヒリヒリなどを感じたら、ビタミンC誘導体の配合量が少ない化粧品を選びましょう。

 

皮脂の分泌を抑制

 

ストレス、睡眠不足、糖質や脂質の過剰摂取は皮脂分泌を活発にします。

 

睡眠をたっぷりとってストレスを解消し、加工食品やファストフードなど糖質や脂質が多い食品は避けましょう。睡眠をとることで成長ホルモンの分泌が活発になり、肌の修復が進んでニキビの治りがよくなります。