アクネ菌と呼ばれる常用菌が増えることで毛穴が炎症を起こす

アクネ菌と呼ばれる常用菌が増えることで毛穴が炎症を起こす

アクネ菌と呼ばれる常用菌が増えることで毛穴が炎症を起こす

それは誰の肌にも住んでいるアクネ菌と呼ばれる常用菌が増えることで毛穴が炎症を起こしその中に膿を溜め込む事で起こります。

 

そしてもうひとつは体の中、血液に含まれる毒素などで肌の表面に炎症を起こすものもあります。

 

こういった症状は私たちが口にする食べ物が原因になることがあります。

 

それでは、どういった食べ物が私たちの肌に影響を与えるのか見てみましょう。

 

まず、健やかな肌を保つために欠かせないのがビタミンB群と食物繊維です。

 

そして肌に不調を招く食べ物は、このビタミンB群を消費したり吸収を妨げたりするものなんです。

 

糖は分解するときにビタミンB群を使い、その中でも特にビタミンB1の助けを借りて分解→エネルギーになります。
ですが摂りすぎた糖は脂肪になり肌の表面をベタつかせます。

 

アルコールは血行を促進させます。

 

これだけ聞くと良さそうな気もしますが、アルコールで血行が促進されると毛細血管が拡張し、肌の表面にある炎症を酷くします。
なおかつ皮脂腺を刺激し肌をベタつかせてしまいます。

 

アルコールは分解されるときにビタミンB群を大量に使い活性酸素を生み出します。
そのせいで肝臓に負担がかかり、血液に毒素として流れ身体中を巡り肌に不調をもたらします。

 

唐辛子などの刺激物は適量であれば新陳代謝をUPさせ、肌を美肌へと導いてくれますが、食べ過ぎてしまうと胃腸に負担がかかり、結果胃腸の消化吸収機能が低下してしまい体が栄養を吸収できなくなってしまいます。

 

カフェインなども体に刺激を与えるものでビタミンB群の吸収を阻害してしまいます。

 

以上でも分かるように、美肌に必要なビタミンB群を摂取しても、これらの食物を摂りすぎてしまうと、ビタミンB群を使ってしまうだけでなく体に取り込むこともできなくなるのでニキビなどの肌の不調を招く結果になります。

 

そして肌の表面に皮脂が溢れベタつかせてしまうと、毛穴の中にいるアクネ菌が活発になり増殖し、新なニキビを作り出してしまうのです。

 

私たちの体は食べ物を摂ることで作られています。

 

良い体を作るには良い資材、食べ物が必要です。同じ食べるなら良い物を食べたいですね。