効果的なニキビ治療や予防、範囲と種類

効果的なニキビ治療や予防、範囲と種類

効果的なニキビ治療や予防、範囲と種類

ニキビが出来てしまったら一日でも早く治したいと思うのは当然です、ですが一度ニキビが出来るとそう簡単には治りません、一度治っても再度同じところにニキビが繰り返したりといったケースもあります。
そんなニキビの治療や予防はどうしたら効果的にできるのか、御紹介します。

 

ニキビケアの前に

 

ニキビは段階を踏んで悪化していきます、日々のニキビケアで改善できます、この点をしっかり把握して適切な治療していないといつまでたっても治らない状態になりかねませんのでニキビの状態を見極めることが大事なことになります。

 

ニキビケアでできる範囲とその種類

 

ニキビには6つの段階があります、自分でケアできる段階は主に白ニキビ、黒ニキビ、そして赤ニキビと呼ばれる段階です、それ以上の段階である黄ニキビのように膿んでしまったらできるかぎり早く専門医に診てもらうことが必用になります。

 

白ニキビは誰にでも現れるニキビの初期状態で、肌に白くて小さい吹き出物が現われる状態のニキビです、この状態はまだ毛穴がふさがって皮脂が漏れなくなる状態で閉じたニキビです。黒ニキビは毛穴がふさがって皮脂が溜まった状態でその溜まった皮脂が肌の表面へと押し出された状態で黒く変色した状態で、これはすでに開いたニキビになります。

 

赤ニキビはすでにニキビが炎症を起こしてしまった状態で、自分で対処することができる最終段階となります。

 

ニキビと肌質

 

人にはそれぞれ肌質があります、肌のタイプによってニキビケアのやり方も変わってきます、まずは自分の肌タイプを知っておきましょう。

 

まずは普通肌です、普通肌は皮脂と水分量のバランスが良いためニキビは出来にくく、ニキビが出来ても治りやすい肌タイプです、脂性肌は皮脂が多いとともに水分量も多い肌タイプでニキビが出来やすい肌質になりますのでクレンジング後には蒸しタオルなどで毛穴を開くようなケアが有効です、乾燥肌の場合もニキビに注意が必要です、乾燥肌の場合は洗顔時をしっかりと水分を補給しておくことが大切です。