優れた保湿機能を持つセラミド

優れた保湿機能を持つセラミド

優れた保湿機能を持つセラミド

セラミドとは、人間が肌に備えている肌バリア機能を持つ成分のことです。菌の侵入を防ぎ、肌から水分の蒸発を防ぐなどの働きがあります。セラミドは人が角質層に持つ細胞間脂質の大体45パーセントから65パーセントを占めています。ですので、セラミドが不足すると肌のバリア機能は低下し、乾燥肌などのさまざまなトラブルを招きます。セラミドは加齢やストレス、環境の変化などでも減っていきます。

 

セラミド入りスキンケア用品

 

セラミドがあるのは肌表面の角質層です。ですから、美容液等、外から肌に供給することが効果的です。セラミドを摂取することでヒアルロン酸やコラーゲン等のほかの美容成分の効果を高めてくれます。さらにセラミドというのはもともと肌にある成分のため、摂取しても異物と判断されにくく、肌に優しいのです。

 

ただセラミド自体は肌に優しいのですが、セラミド美容液に含まれる別の化学物質はその限りではないので、注意が必要になってきます。

 

セラミドで体の中からきれいに

 

セラミドは角質層にあるため、肌に直接与えることが効果的だと上述しました。確かに+D2セラミド自体は肌の外から摂取することが効果的なのですが、セラミドを摂取することで、コラーゲンとエラスチンを安定させることができるため、それらの入った食べ物を食べることでより肌バリア機能を向上させてくれます。

 

セラミドの種類

 

美容液などの化粧品に配合されているセラミドは、天然セラミド、ヒト型セラミド、植物性セラミド、合成セラミドの四種類があります。

 

天然セラミドは馬や牛などの動物の脳や脊髄などから抽出したセラミドです。人間の角質層の細胞間脂質と近く、保湿力に優れています。

 

ヒト型セラミドは、酵母を利用して生成されます。人間の皮膚にあるセラミドとほとんど同じ化学構造で作られているため、肌の刺激になりにくくお肌に優しいというメリットがあります。保湿力にも優れています。

 

植物性セラミドは、米ぬか油などから抽出した植物由来のセラミドです。

 

合成セラミドは石油原料から化学合成されたものです。天然セラミドやヒト型セラミドと比べて、保湿等の効果は薄いです。

 

おわりに

 

セラミドは肌を健やかに保つためには重要な成分です。不足していると感じたら積極的に摂取していくことをお勧めします。

 

メルライン