日焼けを放置するとシミやシワになる

日焼けを放置するとシミやシワになる

日焼けを放置するとシミやシワになる

普段しっかり紫外線対策をしていても、海や山でうっかり赤くなるまで日焼けしてしまったことがありませんか。

 

赤くなるほど紫外線を浴びた肌は大きなダメージを受けていて、放置していればいずれシミやシワなどになります。でも、しっかりケアすればシミなどを予防できます。うっかり日焼けをしてしまったとき、どんな対処をしたらいいのでしょうか。

 

まずは冷やす

 

日焼けしている状態はやけどしたときと同じようになっています。まずは炎症を鎮める必要があるので冷やしましょう。

 

氷を直接当てると肌に刺激が強いので、冷やしたタオルを赤くなっている部位に当てます。全身が日焼けしている場合は、冷たいシャワーを浴びてもよいです。シャワーの水流が強いと刺激になるので優しく当ててください。

 

保護する

 

肌が弱くなっているので、冷やした後に保護をします。不純物を含まず刺激が少ないワセリンで保護します。黄色いワセリンには添加物が使用されていて刺激になるので、白色ワセリンやプロペト、サンホワイトなどを使用してください。

 

水ぶくれができているようなら皮膚科を受診しましょう。皮膚科では副腎皮質ホルモンが配合されたクリームを処方してくれることがあります。これをしっかり塗ってケアします。

 

肌の力が低下して普段使っている化粧品が刺激になるので、普段の化粧品は使わないでください。

 

体の中からもケア

 

紫外線を大量に浴びたときは、体内で活性酸素が発生しています。活性酸素が細胞を傷つけてシミやシワを作ります。そのため、活性酸素を防ぐ抗酸化作用がある成分を摂って体の内側からケアします。

 

抗酸化作用がある成分がビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなどです。ビタミンCはトマト、パプリカ、パセリ、イチゴ、柑橘類などに多く含まれています。

 

一度に大量に摂っても排泄されてしまうのでこまめに摂取するとよいです。ビタミンAはうなぎ、卵、人参、ほうれん草などに多く含まれていて、ビタミンEはかぼちゃ、アボカド、オリーブオイル、ナッツなどに多く含まれています。ビタミンAとビタミンEは脂溶性で油と一緒に摂ると吸収が高まります。

 

うっかり日焼けをしてもすぐに正しいケアをすれば、将来シミになることを防げます。