運動がニキビを治すのによい理由

運動がニキビを治すのによい理由

運動がニキビを治すのによい理由

ニキビを治すためには運動がよいといわれています。本当に運動はニキビによいのでしょうか。どうして運動をするとニキビが治るのでしょうか。

 

血行促進

 

肌細胞の生まれ変わりには酸素や栄養が必要です。酸素や栄養は血液を介してもらっています。体が冷えると血流が悪くなり、肌の生まれ変わりに必要な栄養が不足してターンオーバーが乱れます。ターンオーバーが乱れると古い角質が蓄積して、たまった角質が毛穴の出口をふさいで皮脂がたまりニキビを悪化させます。

 

運動をすると全身の血行がよくなります。ターンオーバーが促されて古い角質が次第に薄くなり、毛穴つまりが解消されます。新しい細胞がどんどんできることでニキビの治りがよくなります。

 

ストレス解消

 

ストレスは交換神経を刺激します。交感神経は男性ホルモンを刺激し、男性ホルモンの分泌を促します。女性も男性ホルモンが分泌されていて、男性ホルモンが皮脂の分泌を促して毛穴がつまり、ニキビの原因になります。

 

ストレスを感じるとコルチゾールなどのホルモンが分泌されます。ストレスに対抗するために必要なホルモンですが、男性ホルモンを刺激して皮脂分泌を促します。

 

運動をして体を動かしたり汗をかくとスッキリした経験がありませんか。体を動かすことでストレス発散になりニキビの悪化を予防できます。ただし、やり過ぎると疲労が蓄積してストレスになるので気をつけてください。

 

どんな運動がよいのか

 

運動は続けることが大切なので好きな運動をしましょう。ヨガ、ウォーキング、ジョギング、水泳などなんでも構いません。

 

外で運動するときは紫外線に気をつけます。紫外線を浴びると肌の抵抗力が減少したり、乾燥してニキビができやすい状態になります。日焼け止めを塗ったり帽子をかぶって紫外線対策します。日焼け止めは肌への刺激が少ないものを選びましょう。

 

運動後は汗をしっかり拭いてください。汗が肌に残ったままだと不衛生になりアクネ菌が繁殖しやすくなってニキビが悪化します。水で顔を洗ったり、湿らせたタオルで汗を拭き取ります。